「もうここがいいよね!」って、 出会ったその日に契約しました。vol.1

 

大学時代の同級生だったふたりが、卒業後に仕事で偶然出会って結婚。

現在2人のお子さんと1匹の猫とともに賑やかな生活を楽しんでいます。

「D’S STYLEとの出会いは運命的でした」と語るおふたりに、暮らしぶりをお聞きしました。

衝撃的な出会いでした。「こんな家あるんだ!」と。

ご主人:元々はアパートに住んでいたんですよ。娘が1歳の頃だったかな、今住んでいるアパートだと狭いなあと感じて。もっと広いアパートに引っ越すか、いっそのこと家を建てようかと、その2つの選択肢で悩んでたんです。

奥 様:子どもも、もうひとり欲しいねぇって考えてて。そうなると前のアパートだと手狭だねってなったんだよね。

ご主人:そう。最初はモデルハウスをぐるっと回って、あとはネットでも色々調べました。我が家は何事においても提案式なんですよ。僕が色々調べて見つけたものを、嫁さんに審査してもらって決めるっていう。

奥 様:その中で「これとこれいいね」って思ったものをいくつかピックアップしたんです。それで今度の休みに行ってみようかと最初に決めたのがD’S STYLEでした。

ご主人:D’S STYLEを知ったきっかけはネットですね。良さそうな家がないかなってメーカーさんや工務店さんを探していた時にたまたま見つけて「こんな家あるんだ!面白い!」と思って。嫁さんが木が好きなので、無垢材のフローリングに憧れていたんです。

奥 様:今までに見たことないようなお家だったので、衝撃的でした。土間もあって、開放感が感じられて。それにここまで間仕切りがないのって、なかなかありませんよね。他のハウスメーカーさんだと、子ども部屋は子ども部屋って決まってたりするじゃないですか。でもD’S STYLEなら子どもの年齢に合わせて色々変えられるのがいいなあって思ったんです。

ご主人:営業担当の荻野さんと初めて会ったその日に契約しましたもん(笑)。

奥 様:「ここがいいよね!」ってね。実際に見る前に半分心は決まってたのかも。

ご主人:荻野さんって、丁寧すぎる!って思うくらい、僕らが気づかない細かいところまで提案してくれるんですよ。D’S STYLE愛もすごくて、本当にこの家が好きなんだなあと感じられて。だからこの人に任せたら間違いないなあって安心感がすごくありました。

奥 様:私たちが家を建てるってなった時にはまだ広島に見学できるモデルハウスがなかったので、和歌山まで見学に行きましょうって荻野さんが提案してくれたんですよ。その時も荻野さんが一番興奮してたくらいでした(笑)

トントン拍子で完成しました。

ご主人:土地探しの条件は、職場まで30分くらいで通える距離が必須でした。それから、前のアパートがバイパス沿いで結構騒がしかったので、もう少し静かな場所というのも大事でしたね。住むとなると嫁さんの方が家で過ごす時間が長いと思うので、彼女が生まれ育った東広島に環境が似てて過ごしやすいところ、っていうのがポイントでした。

奥 様:それで静かな住宅地の中にあるここが気に入ったんですけど、元は建築条件付きの土地だったんです。

ご主人:でも荻野さんが率先して交渉してくださったおかげで条件が外れたんですよ。じゃあもうここしかないよねってトントン拍子に決まりました。契約してから建つまで、1年もかかってないんじゃないかな。

奥 様:ご近所さんもよく気にかけてくれる良い方ばかりなんですよ。近くにスーパーもあるし、小学校も中学校もあって暮らしやすい場所が見つかって本当に良かったです。

奥 様:これからは2階のフリースペースをどう自分たちなりにカスタマイズしていくのかが楽しみです。例えば長机を置いて、一つの空間で家族が思い思いの時間を過ごせたらいいなあって考えます。娘は勉強、息子は読書、夫は革製品の小物作りとか趣味の時間、みたいな。

ご主人:子どもたちが大きくなって、自分たちの部屋が欲しいって言ったらクローゼットで仕切ってもいいよね。

奥 様:2Fのクローゼットは大工をしているお義父さんが作ってくれたんですよ。サイズとか奥行きとか全部考えて測って作ってくれたので、とっても使いやすいんです。

ご主人:子どもたちの希望で変わっていくと思うけど、家の中で自由に使えるスペースはたっぷりあるから、やりたいことを考え始めたら本当にキリがないよね。ウッドデッキでBBQしたり、庭で野菜を作って子どもと一緒に育ててみたいなと思ってます。

奥 様:夢が無限に広がるよね。そうそう、1階のリビングにあるベビーベッドが要らなくなったら、収納付きの小上がりの畳を置こうかって話をしてるんです。今はクローゼットで間に合ってるんですけど、これからのことを思うと収納が不安で(笑)。その分、間に合わせではなくて、本当に必要かどうかを考えて買うものを決めるようになったと思います。

暮らしながら自由に変えていけるのが楽しい。

奥 様:娘も新しいお家が大好きみたいで、よくリビングと土間をぐるぐる自由に走り回って楽しんでますよ。土間のスペースが広いから、雨の日でも三輪車で遊べるし、ベビーカーも玄関からスーッと入ってそのまま置けるので便利です。

ご主人:ソファは元々リビングに置いてたんですけど、友人たちが子どもを連れて遊びに来てくれた時に「ぎゅうぎゅうでスペースが足らんなあ~」ってなって、勝手に土間に動かしました(笑)。そういう意味でも土間は色々自由に遊べていいよね。

奥 様:春だったら雛人形と桃の花だったり、季節のものを飾るスペースにもなってるし。

ご主人:そうそう。子どもが大きくなったらストーブを置いたり、暖炉を置いてもいいかもって話もしてて。ちなみにキッチンと階段の間は僕の遊びスペースなんですけど、ここが今のところ一番のお気に入りかも。紫陽花のドライフラワーをガラス瓶に入れたりと、雑貨屋さんでいいなと思ったものを真似て、ちょこちょこ植物を増やして遊んでます。

奥 様:最近プロジェクターを買ったんですけど、子どもが寝静まったあとで土間の白壁に直接投影してドラマを見るのも楽しみの一つです。

ご主人:リビングから土間を見る景色もいいなあって、TVを土間の方に持って来ても面白いかもと思ってます。「家単位」の模様替えができるのがいいですね。

後編に続く・・・

閉じる
  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森岩手宮城
    秋田山形福島
  • 甲信越エリア
    新潟長野山梨
  • 関東エリア
    東京|神奈川|埼玉
    千葉|茨城|栃木|群馬
  • 中部 / 東海エリア
    静岡|愛知|岐阜
    富山|石川|福井
  • 近畿エリア
    三重滋賀|奈良|京都
    大阪|兵庫|和歌山
  • 中国エリア
    鳥取島根|岡山
    広島|山口
  • 四国エリア
    徳島香川
    愛媛|高知
  • 九州エリア
    福岡|佐賀長崎
    熊本大分宮崎
    鹿児島