この家のスタイルに合わせるように、 暮らしが変わったと思います。vol.1

「家を建てたことをきっかけに、休日の過ごし方が変わってきたと思います」

そう話すJ夫妻と、2階のフリースペースや土間で元気に遊びまわる兄妹。

以前と変わったという、その暮らしぶりをお伺いしました。

ありきたりな家はイヤだった。

ご主人:子どもが小学校に上がる前に基盤になる場所を決めたいという思いがありました。でも最初から新築を考えていたわけではなく、マンションや建売住宅など、いろんな選択肢の中で迷ってたんです。

奥 様:やっぱり一軒家を建てるとなると、ある程度のお金が必要じゃないですか。特に注文住宅が一番高いと思っていたので、最初は中古物件を買って自分たち好みにリノベーションをしようかなって考えていたんです。それこそマンションの一室でもいいかもって。でも実際に不動産屋さんで何軒か見せてもらったら、想像よりも高くて驚きました!しかも中古物件って、大体水回りはリフォームした状態で売ってるんですよ。私はむしろそこから変えたかったので、リノベーション代をプラスしたら、注文住宅よりも高い金額になるんじゃないかなって思いました。

ご主人:土地自体は僕の実家周辺エリアありきでした。そこで金額や土地のことを考える中で、いくつかの工務店やハウスメーカーを住宅展示場などで見ていた時に、オールハウスさんに出会ったんです。最初はそこまで印象に残らなかったんですけど(笑)。

奥 様:そうそう(笑)でもそうやって色々見ていくうちに、ローコストで建てられる新築っていうのも選択肢に入ってきたんですよ。二回目にオールハウスのモデルハウスで営業さんに会った時に、私たちの予算とかを話しました。

ご主人:僕らは本当に低予算で考えてたんですけど、それを聞いた営業さんが「全然いけますね」って!言われたんです。

奥 様:「オールハウスの注文住宅でも建てられますよ」ってね。金額次第で素材を変えたりとか、予算に合わせられるというので、カタログをもらって帰ったんです。間取りが自由に変えられるプランの商品があって、そのモデルハウスを見て「めっちゃいいね~!」って盛り上がって。

ご主人:その帰りに、近所に新しく出来たDS STYLEのモデルハウスも見て行きませんかって誘われて、見学しに行ったんですよ。でもその時はまだ基礎で断熱材とかが見える段階で、構造見学って感じでした。ただそこで全部自然素材で作っているっていうお話を聞いたんです。無垢の木や漆喰、それに断熱材もセルロースファイバーで内と外のダブル断熱で……というところに興味が湧いたんですけど、まだ出来上がってなかったし。それで4月に完成した時にもう一度見てみようと、見学予約したんです。

奥 様:そしていざ見学したその日に仮契約のお金を払って帰りました!(笑)

ご主人:見に行くまでは興味半分って感じだったのにね(笑)もう一目惚れでした。

奥 様:「めっちゃ格好いいね!!」ってね。しかも元々考えていたオールハウスの商品とほぼ値段が変わらないって話を聞いた瞬間、決定しました。私は収納力が気になってはいたんですけど、夫も「これがいい」と言っていたので。それにどうせ建てるなら、人と同じような、ありきたりな家はイヤだという思いもあったんで。DS STYLEのコンセプトそのものですよね(笑)。

熟考した、土地とプラン。

ご主人:土地は元々自分たちでも結構探していて、休日とかに出掛ける時の寄り道がてらに、エリアにある予算内の土地はほぼ全て見に行きましたね。この土地も知ってたんですけど、予算より金額が大幅に上だったので候補から外してたんです。でも荻野さんが「ここどうですか」って勧めてくれて。

奥 様:下手に安い土地を買って上下水道を通して地盤改良をして……となると結局プラスでお金をかけないといけなかったり、学校や駅が遠いとか、将来的に響いてくる立地のメリットとデメリットを丁寧に説明しながら話してくれたんですよ。しかも荻野さんが売主の方に直接金額交渉をしてくださったんです。それでもう「買います!」って。学校も駅も近いし、周辺にはスーパーなどのお店もあって、おかげでとても住みやすい土地を決めることが出来ました。

ご主人:そして土地に合うプランを荻野さんが何案か提案してくれた中で、最初は正方形のNo.2で考えていました。僕は最初に見たモデルハウスが格好いいなあとずっと思ってて、No.4にしたい!って言ってたんですけど。

奥 様:私はNo.4の収納と家事動線が気になってたんです。洗面所やお風呂がキッチン裏にあるのでぐるっと回らないと行けないんですけど、No.2はダイニングの真横にあるのがいいなあと。でも正方形になると土間が狭くなるので、それだとDS STYLEの良さが消える気がして悩みましたね。荻野さんが事務所の中でメジャーを使って「だいたい土間の大きさはコレくらいで…」って何回も実際のスケールを説明してくれたんですけど、全然イメージ湧かなくって(笑)。

ご主人:どうしても決めかねると荻野さんに相談したら、兵庫にあるオーナーさんのお家を見学できることになったんですよ。その時は広島にまだNo.2のお家が建っていなかったので。

奥 様:そこでオーナーさんに直接、住み心地の良さや不便な点などを色々と教えてもらいました。DS STYLEならではのアレンジとかも。例えばテラスには塀がないから、布団やシーツとかを干す用にステンレスの太いバーを付けたら便利とか、テラスに水道を付けたら楽ということとか。それから収納の話もしましたね。その方は2階のフリースペースの一画に独自に壁に下地を入れていて、自分たちでハンガーラックのようなものを壁一面に作って、服を収納できるようにしてました。そして最後になぜかみんなで玉ねぎをもらって帰るという(笑)。すごくあたたかい雰囲気で、素敵なオーナーさんでした。

ご主人:写真で見るとどうしても広角レンズとか使うので、実際よりも広く感じるんですけど、見学に行くと原寸大で体感できたのがよかったです。それでいろいろ考えて、土間の広さのことが決め手になって、最終的にNo.4を選びました。

土間から続く、和室のある家。

奥 様:プラスαで和室を設けました。畳がある空間が欲しかったのと、収納スペースが欲しくて。3畳なのでそこまで広くはないんですけど、客間にもなるし、例えば子供が熱を出した時とかに和室で寝かせたりと臨機応変に使えるので良いですよ。我が家は1階にしかトイレがないので、2階から何度も降りるのも辛いですし。

ご主人:予算内で和室を付けたいという僕たちの希望に、荻野さんが提案してくれたのがこのカタチだったんです。大阪の新しいモデルハウスを見学した時に3畳の和室があったらしくて、「めちゃくちゃ良かったですよ!」って写真を見せながら話してくれて。

奥 様:うちはL字型でその真ん中にデッキがあるんですけど、そこに掃き出し窓を付けたらガラスがあることで全然狭く感じないっていう話を聞いて。窓は150cmくらいの高さなんですけど、部屋のギリギリの高さにしたら視線も気になりがちになるので、それがちょうど良かったです。実際に住んでみると本当に狭く感じないし、家の前にある公園で子どもたちが遊んでる様子も見えるので安心です。ちなみに和室に続く渡り廊下部分は、旦那が作りました。

ご主人:うちと同じような間取りのオーナーさんがしていたのを妻が参考にしたらしいんですけど、僕はそうと知らずに作ってました(笑)。だいたい何かを作る時は「こういうの欲しいから作って」とオーダーがあって、参考写真を見ながら作る、みたいな感じですね。

奥 様:コレがないと土間を素足のままで歩くか、いちいち靴を履かないといけないっていうのがあったんで。あるオーナーさんの写真の中にあったのを見て「めっちゃいい!」と思って、最初に作ってもらったんです。ちなみに木材は、この家を建てる時に余った床材を捨てずに置いてもらっていたものを利用しました。DIYする時に使わせてもらおう!と思って。

後編に続く…

閉じる
  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森岩手宮城
    秋田山形福島
  • 甲信越エリア
    新潟長野|山梨
  • 関東エリア
    東京|神奈川|埼玉
    千葉|茨城|栃木|群馬
  • 中部 / 東海エリア
    静岡|愛知|岐阜
    富山|石川|福井
  • 近畿エリア
    三重滋賀|奈良|京都
    大阪|兵庫|和歌山
  • 中国エリア
    鳥取島根|岡山
    広島|山口
  • 四国エリア
    徳島香川
    愛媛|高知
  • 九州エリア
    福岡|佐賀長崎
    熊本大分宮崎
    鹿児島