BLOG
Togawa


本日のmonokuro。
京都タワー。

東海道新幹線が開通し、
東京オリンピックが開催された1964年に完成。

日本を代表する建築家 山田 守によるものです。


日本武道館も山田 守の建築。


京都タワーは東京タワーと異なり、
骨組みがなく、
鉄骨を一切使わずにできています。

すごいですね~!

モノコック構造といい、
飛行機や船はこの構造でできています。
動物ではカニやエビなどと同じ仕組みです…
京都タワーのHPに書かれておりました^^

好感のもてる丁寧な説明!
興味をもたれた方はぜひ京都タワーHPへ^^
(地下3階に大浴場があることに驚き笑)

 

さて、今回のblogは
京都タワーができた1960年代つながりで。

′60年代といえば…


ビートルズ、


ストーンズ、


チャックベリーなどのR&R全盛期。

ラジオをつけると
オールディーズとしてではなく
リアルタイムに
Johnny B GoodeやStand by Meが
流れてくる時代。

いいですね~!
最高ですね~!

過去に戻れるとしたら、
1960年代に戻ってみたいなぁと思います。

 

前置きが長くなりましたが、
本題はここからです!

前回のblogでご紹介しました↓の木製の動物も
1960年代~1970年代に作られたもの。


表情や質感がとてもいいですね。
個人的にとても好きな感じです。
欲しいです!

上を向いたり、下を向いたり
ちゃんと首も動くんです。
ゾウの耳が革でできているのも
とてもGoodですね!

どこで作られたのだろうかと
気になって調べてみました^^


裏を見るとアルファベットの焼印が…

「SENSHUKAI」と書かれています。

泉州会?
まさかの泉州産?
ということは国産?
水なすやタオル以外にこんな素敵なものが泉州に?!


しかも、めっちゃ種類あるやん!
やるやん泉州!

…と思いましたが、


違いました。

ちゃんと調べると、
正しくは「千趣会」でした。

でもこれにも驚きます。
えっ、千趣会?
ベルメゾンの?


そうなんです。

千趣会が
1960年代から1970年代にかけて販売していた
ロイヤルペットという木製の動物シリーズ。

日本のこけし職人さんが
デンマークの工芸品をもとに作られていたそうです。

海外で作られたものだと思い込んでいたのですが、
Made in JAPAN!

何かうれしいですね^^


今はもう製造されていないそうなのですが、
ヤフーオークションなどで手に入れることができます。
全シリーズをいつか揃えたいなと思います。

やっぱり1960年代っていいですね!

 

gotou

こんにちは!マンホーラー後藤です! 先週のブログで来週のブログの予告をしたので 今週することを考えてませんでした ので、 いつも通りマンホールの紹介をします 今日のマンホールはこちら 泉南郡岬町のマンホール むっちゃかわ→続きを読む