アアルトハウス

2018年7月2日(月) | 日常 |

DS STYLEの前山です。

フィンランドへ行った目的の一つである
アアルトハウスへ行ってきました。

ヘルシンキ中央駅から北西へ5km行った所に、
1936年に設計し、以後40年に渡り暮らした自邸。
アアルトハウスがあります。

最近流行っているベニワレンラグ
アアルトハウスには何十年も
そこにいます。

窓際のデスク上には、青葉台モデルにも
置いているイギリスのアングルポイズ
デスクランプが。

DSの家と同様、無垢の床、塗り壁、明るい家
という共通の物を感じました。

リビングの簾の向こうに見える庭も
素敵なモノでした。

冬が長いフィンランドという事から
自然光を可能な限り取り入れ、
本当に気持ちいい空間です。

お風呂には天窓までありました。

書籍などで見ていた時はシンプルに見えましたが、
実際訪れると、アアルトの遊び心が随所に
散りばめられていました。

書斎のベッドが高いのも、見えてませんが
後方にあるハシゴの上にある隠し扉など、
かくれんぼ好きなアアルトの性格を
多く取り入れています(笑)
ちゃんと理由があるのが面白いですね。

取り損ねましたが、日本人が北欧のモノを
取り入れるのと同じで、アアルトも
アジアや様々な国のモノを取り入れています。

年季の入ったダイニングの木彫の椅子は、
アアルト夫妻が新婚旅行のイタリアで購入した
そうです。
良いものは色褪せないというか、
色褪せてもかっこいいですね。

照明外して帰りたかった...(笑)

我が家でも、アアルトのデスクやシェルフ
を使用していますが、このドア同様、
フィンランドバーチの経年変化による飴色の
風合いは唯一無二ですね。

デスクに合わせている名作スツール60
よくDSのOBさんの家でも見かけますね!

まさにアートとテクノロジーが共存する
ARTEKらしい一品です。

日本ではアート性や、ある種ブランド家具
のような扱いをされていますが、本来は
道具としての要素が強いように感じます。

 

 

それでは今日はこの辺で。。。

地鎮祭@S様邸

2022年1月16日(日) | 未分類 |

こんにちは! D‘S STYLE 豊中オフィスの多趣味バーテンダーこと平田です! 最近趣味の部分を全然アップできていなかったのですが 実は先日新しい車をお迎えしたので 近々趣味投稿もどんどんできればなと考えています(笑)→続きを読む

旅日記とお引き渡し

2022年1月13日(木) | 未分類 |

  2022年は2つの大吉でスタートを切りました。 今年は寅年ということで、 年女という12年に1度の特別な年になりそうです^^   皆様、あけましておめでとうございます。 D’S  STYLEの村田です。 2022年も→続きを読む

家具SHOPオーナーの家。

2022年1月12日(水) | LIFE STYLE |

新年あけましておめでとうございます! 本年もどうぞよろしくお願い致します。 毎年、中島家の初詣は 宝塚市にある中山寺に 安産祈願でお世話になって以来 お参りに行っております。 今年も良いスタートが切れそうです。^^ 今日→続きを読む

閉じる
NEWS
閉じる
  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森岩手宮城
    秋田山形福島
  • 甲信越エリア
    新潟長野山梨
  • 関東エリア
    東京|神奈川|埼玉
    千葉|茨城|栃木|群馬
  • 中部 / 東海エリア
    静岡|愛知|岐阜
    富山|石川|福井
  • 近畿エリア
    三重滋賀|奈良|京都
    大阪|兵庫|和歌山
  • 中国エリア
    鳥取島根|岡山
    広島|山口
  • 四国エリア
    徳島香川
    愛媛|高知
  • 九州エリア
    福岡|佐賀長崎
    熊本大分宮崎
    鹿児島