BLOG

おはようございます!
DS STYLE東京西の染矢です。

さて、今回は…
『窓住宅ローン控除とidecoの話として
詳しくお話ししますね。
思いっきり細かく書きますので
めげずにお読みいただけたら幸いです。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『住宅ローン控除制度』とは
住宅ローンを組んで家を建てた場合に
10年に渡って「所得税」や「住民税」が
還付される制度
ですが
自分が払っている税金の額を
しっかりと把握している方は
おそらくほとんどいないのでは
ないでしょうか?

ということで
ざっくりとした例を挙げて
お伝えしていきますね。

では
あなたがこれから家を建てるとして…

●あなたとあなたの配偶者の年収を
どちらも300万円
(計算しやすくするため10年間
このままの給料とします)

●住宅ローン借入を3000万円
金利を1%、返済は35年間

●住宅ローンの返済開始月を1月

●土地・建物の持ち分はそれぞれ2分の1

●納めている所得税はそれぞれ年間6万円
(所得税率は5%)

●納めている住民税はそれぞれ年間12万円
(住民税率は10%)

上記のように仮定し
その恩恵がどれくらいになるのか?
計算していきますね。

まずは、その年ごとの
「年末の借入残高」を計算します。

《 年末借入残高 》
1年目  :1464万円ずつ(2928万円÷2)
2年目  :1428万円ずつ(2856万円÷2)
3年目  :1391万円ずつ(2782万円÷2)
4年目  :1354万円ずつ(2708万円÷2)
5年目  :1317万円ずつ(2634万円÷2)
6年目  :1279万円ずつ(2558万円÷2)
7年目  :1241万円ずつ(2482万円÷2)
8年目  :1202万円ずつ(2404万円÷2)
9年目  :1163万円ずつ(2326万円÷2)
10年目:1124万円ずつ(2248万円÷2)

続いて、この年末の借入残高をもとに
「還付される税金の上限額」を計算します。

《 還付される税金の上限額 》(年末借入残高×1%)
1年目  :14.64万円ずつ(29.28万円÷2)
2年目  :14.28万円ずつ(28.56万円÷2)
3年目  :13.91万円ずつ(27.82万円÷2)
4年目  :13.54万円ずつ(27.08万円÷2)
5年目  :13.17万円ずつ(26.34万円÷2)
6年目  :12.79万円ずつ(25.58万円÷2)
7年目  :12.41万円ずつ(24.82万円÷2)
8年目  :12.02万円ずつ(24.04万円÷2)
9年目  :11.63万円ずつ(23.26万円÷2)
10年目:11.24万円ずつ(22.48万円÷2)

これらを全て合計した金額が
住宅ローン控除によって
得られる恩恵の最大なのですが
住宅ローンを組む時には
還付される税金のことも考慮しておけば
より多くのお金を手元に残しやすくなります。

ちなみに、こちらの例の場合
ご主人の収入だけでは
これだけの金額を
借りるのが難しい
ということもありますが
ご主人だけで住宅ローンを組むと
住宅ローン控除の恩恵を
大して受けることができないので
夫人にも連帯債務で入っていただき
持ち分を2分の1ずつにすることで
この恩恵を最大に受けられるように
設定してみました。

《 住宅ローン控除の恩恵 》
※所得税は年末調整によって還付される金額。
※住民税は翌年の住民税から軽減される金額。

経過年数 還付される税金の
上限額
所得税 住民税
1年目 14.64万円 6万円 8.64万円
2年目 14.28万円 6万円 8.28万円
3年目 13.91万円 6万円 7.91万円
4年目 13.54万円 6万円 7.54万円
5年目 13.17万円 6万円 7.17万円
6年目 12.79万円 6万円 6.79万円
7年目 12.41万円 6万円 6.41万円
8年目 12.02万円 6万円 6.02万円
9年目 11.63万円 6万円 5.63万円
10年目 11.24万円 6万円 5.24万円
129.63万円 60万円 69.63万円

以上、家を建てることによって
夫婦それぞれが
「所得税で60万円」
「住民税で69.63万円」の
節税
に繋がり
合計129.63万円ずつ
合わせて259.26万円もの金額が
手元に残るというわけです。
思っていたよりもスゴくありませんか?

同時に“iDeCo”に加入すれば
さらに税金が還付される!?

そして、家を建てる時
いつもオススメさせていただいているのが
個人型の確定拠出年金の『iDeCo』です。
これに加入すれば
さらに税金の還付が受けられます。

仮に
ご夫妻それぞれ毎月1万円ずつの掛金で
『iDeCo』に加入するとして
計算していってみますね。

・1万円×12ヶ月=12万円
(iDeCoによって積立される年間の年金額)
・12万円×5%(所得税の税率)=6,000円
(iDeCoによって還付される所得税額)
・6万円―6,000円=54,000円
(住宅ローン控除によって還付される所得税額)

・12万円×10%(住民税の税率)=12,000円
(iDeCoによって軽減される住民税額)
・12万円―12,000円=108,000円
(住宅ローン控除によって
カットされる住民税の上限額)

では、これを当てはめて
計算していってみましょう。

《 iDeCoによる恩恵 》
6,000円×10年=60,000円
(還付される所得税額)
12,000円×10年=120,000円
(カットされる住民税額)
合計:180,000円

先述のとおり、ご夫妻それぞれ
住宅ローン控除で1,296,300円
idecoで180,000円
合計で1,476,300円!

1,476,300円×2人=2,952,600円!
ご夫妻合計で2,952,600円もの
恩恵が受けられるのです!

このような計算結果となります。
iDeCoに加入した分だけ
さらに税金控除の
恩恵が受けられる
というわけなのです。

しかも、iDeCoを掛けることによって
将来受け取ることができる年金が
120万円ずつ(1万円×12ヶ月×10年)
増えたことになります。

今回は、数字をやたら
羅列してしまいましたね。。。
数字アレルギーの方にとっては
面白くない内容になってしまったかも
しれません(>-<)

しかし、お金の話は
ものすごく大切なことであり
知っているか知らないかで
将来大きな格差が生まれることになります。

家づくりの際には
お金のについても勉強していただき
賢く予算を計画し
賢くお金を借り
賢く節税し
賢く土地を見つけ
賢く家を建てていただきたいと
願っております。

家づくりにとどまらず
資金計画についても
しっかりサポートさせていただきます。
分かりやすくご説明いたしますので
いつでもご相談くださいね。

それではまた!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

〇 D’S STYLE東京西 公式

  Facebook  → こちら

  Instagramこちら

  Pinterestこちら

窓も意識することが大切です

2021年9月14日(火) | ブログ | 染矢 忠彦

おはようございます! DS STYLE東京西の染矢です。 さて、今回は… 『窓』の話です。 「窓を意識してつくることが 日々の暮らしの充実に繋がる」 こんなテーマで お話しさせていただきますね。 ・・・・・・・・・・・・→続きを読む

続報】ウッドショック9月最新情報

2021年9月7日(火) | ブログ | 染矢 忠彦

4月~8月と報告させていただきましたとおり 建築市場での材木不足&価格高騰による 「ウッドショック」の深刻度は日を追うごとに増して 悪化の一途をたどっております。 ウッドショックの概要は 4月の内容と重複するので割愛いた→続きを読む

思いこみの呪縛から解放されてください!

2021年9月7日(火) | ブログ | 染矢 忠彦

おはようございます! DS STYLE東京西の染矢です。 さて、今回は… 『家の大きさ』の話です。 暮らしやすい家とは どんな大きさなのか? 詳しくお話しさせていただきますね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・→続きを読む

「もしもの事態」を想定することが何より大切!

2021年8月31日(火) | ブログ | 染矢 忠彦

おはようございます! DS STYLE東京西の染矢です。 さて、今回は… 前回に引き続き『住宅ローン』の話です。 「変動型」と「固定型」について 詳しくお話しさせていただきますね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・→続きを読む

閉じる
  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森岩手宮城
    秋田山形福島
  • 甲信越エリア
    新潟長野山梨
  • 関東エリア
    東京|神奈川|埼玉
    千葉|茨城|栃木|群馬
  • 中部 / 東海エリア
    静岡|愛知|岐阜
    富山|石川|福井
  • 近畿エリア
    三重滋賀|奈良|京都
    大阪|兵庫|和歌山
  • 中国エリア
    鳥取島根|岡山
    広島|山口
  • 四国エリア
    徳島香川
    愛媛|高知
  • 九州エリア
    福岡|佐賀長崎
    熊本大分宮崎
    鹿児島