物件を目の当たりにして一言  「シブイ・・・。」

大阪市西成区 I様

D’S STYLEとの出会いは、さかのぼる事4年前2010年度の住宅雑誌を購入したのが、私との出会いでした。市内の賃貸マンションに住んでいたのですが、新婚補助が切れるころには一軒家かマンションを購入しようとなんとなく決めていました。雑誌を購入したのは補助がはずれる1年前でした。

IMG_4003

最初の頃は土地もないし一軒家にするのかマンションにするのかも2人の間で具体的に決めれてなく、ただただ自分たちにとって納得いくような家にいつか住みたいという夢だけはお互い合ったと思います。思っててもいざ何か行動に移さない限り何も進まないので、お手頃価格でしたしあの雑誌をひとまず購入したと思います。

やはり見たら夢は広がりましたね。でも、私も主人も何百とある工務店さんの中から、その時目にとまったのはD’S STYLEさんだけでした。

そして連絡を初めて取り、黒のガルバリウムのお宅を訪問させて頂き「きく×みる」の機会を与えて下さったと思います。そしてその後もD’Sさんのイベントがあれば参加させて頂きました。

家の中はどおなってるんかな?オシャレな感じだけど実際の住み心地は正直どうなのかな?収納はどおするの?冷暖房はどんな具合なんかな?「きく×みる」に行くまではいろんなハテナが渦巻いていました。

何かと荷物が多かったので特に収納部分は気になりましたね。自分達で好きに収納を造りスッキリと暮らされているのを見て、もしここで建てれたら断シャリしなければ!と思いました。…と同時にここで建てたい!ここで建てた家に住みたい!と強く思うようになりました。

その後、緑の柱の見学会やモデルハウスに行かせて頂き、ただのオシャレな家だけじゃなく、一つ一つの素材や機能などシンプルなどそこにこだわりが詰まってて見えない部分も安心できるようになっていきました。″緑の柱”はとくにお気に入り♡2階部分も全て使用してほしいくらいでした。

D’S STYLEさんでお願いしたい思いはだんだん募っていたのですが、土地がなかったので土地探しにはずいぶん時間がかかりました。色々あって今の土地にしようと決めたのは探しだして2年という月日が流れていました。

始めのころは地元の不動産を巡りチラシやネットのチェックなど日々情報を張り巡らして頑張りましたが、価格、場所、広さに納得いくような土地に縁がなく、最初の1年で正直根つき、半ばD’S STYLEさんの建てれる土地を探すのは難しいかもしれないと諦めかけていました

当時はNo.1~No.8の家の大きさしか建てれないとのことでしたので、なかなか市内で探すのは難しいものでした

ようやく探した狭小地で一度プランを建てて頂いたのですが、なかなか話は進まずスタッフさんにはご心配かけたかと思います。

IMG_4056

そのころから次々と新しいD’S STYLEのOBさんが増えていき、通信を頂くたびこんなこともあんなこともできるのかといろいろなアイディアの引き出しを今思えば頂けた時期でもある反面夢を叩かれる危機でもありとても複雑な2年間でした。

ようやく今の土地を購入したのは2012年5月のことです。元々No.2の家が気に入っていたのでそれが建てれたらいう事ないなあーと思っていたのでまさかそれに1室増やせるくらいの土地を予算内で購入できた事はいまでも有難いことだなと感謝しています。

それからも様々な問題が続出し、へこんだり問題解決したら喜んだりを繰り返しようやく2013年1月に上棟式を迎えれることができたときはやはりすごくすごく嬉しかったですね。オモイがカタチになりかけてきたので、ほんまにここにD’S STYLEさんのお家が建つんだーと信じられない思い出毎日過ごしていました。

節目節目で色々なことに感謝できましたし、自分達の納得できる家にして下さいました♡オモイが充分つまった家になりました。出会いからは私達は少しカタチになるまで時間がかかりすぎましたが(笑)私達にとっては必要な時間だったと振り返ったら思います。これからは中身をゆっくり遊んでいき人生と共に楽しんでいきたいとおもいます。

人の一生はほんの一瞬ですが、その人生の中でD’S STYLEさんと縁がったことは私達夫婦にとりましても、一生の思い出となるでしょう。オモイをカタチにして頂き、本当に感謝します

IMG_4076

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EpisodeⅠ~出会い~

D’S STYLEを知ったのは4年前の2010年に妻が買ってきた雑誌「大阪の注文住宅」でした。実はその時に一目惚れして…とかではありませんでした。私達は当初より中古物件を購入し、自分たちの好きなようにリノベーションする予定で、家探しをしていたからです。

注文住宅は夢のまた夢でしかなく雑誌を購入したのはくまでも間取りの情報収集としてでした。しかし、妻の方からの提案で一度D’S STYLEの物件を見に行こうと言い出し、言われるがまま岸和田へ向かい、物件を目の当たりにして一言「シブイ・・・。」畑のように黒いガルバリウムの物体が目立っていました。

そう、そのころのD’S STYLEでは実際に住まれている物件はたったの1件でした。その時に迎えて頂いたのは今やレア?な中島社長でした。そしてその物件へ入るなり、女性がひとり…営業スタッフなのか…いや、それにしてはこの家でくつろぎ過ぎている…なんと!?実際に住まれている方では無いですか!?後々それが「きく×みる」と理解できました。

初めて見た土間と窓がないのに室内が明るい事、無垢の床、塗り壁そして土間に置かれたご主人さんのDJブース。理想だらけでした。妻の提案で見学にきましたが、もうそのあとは中島社長に思いの丈をマシンガンのようにぶつけていたのは私のほうでした。

全ての回答に中島社長は「できます!」と自信満々で私のほうも夢がさらに膨らみ充実した見学会が初めてD’S STYLEとの出会いでした。こうして数年にわたり苦労した本格的な土地探しが始まったのです…

IMG_4026

EpisodeⅡ~試練~

D’S STYLEで家を建てたいと決めてから、色々なことを手伝って頂いたスタッフさん。その頃D’S STYLEでは中島社長と2人で苦労してましたね。

土地探しでもたくさんの方々に協力してもらいました。毎週の休日は不動産業者へ訪れ物件探し、また2人で自転車で土地探し、空いた時間は全て土地探しに時間を費やしました。結局、良い物件が決まらないまま2年間の月日が流れました。

何度も何度も諦めようとしましたが、いつも良いタイミングでスタッフさんが連絡をくれました。「お久しぶりです!」と、そのたびにもう少し頑張ろうかって。その後気にいった物件では土地が狭く初の規格外の設計を岸本先生に持ち掛けて頂きましたが、売主の都合で却下しなければならない事態に。

さらに1年が過ぎ、偶然に見つけた土地で今、ここにこうしてD’S STYLEのお家を建てることができました。

諦めなければ夢は本当に叶えられると実感できました。D’S STYLEと出会った当初、1軒しかなかった物件も今や50件以上建っている実績は、良い家づくりをする心より安心できる工務店だとだれもが思えたことだとおもいます。

私の両親が言ってました、「建物は変わりすぎてあまり気に入ってないけど、業務的ではないスタッフの皆さんを気に入った!」

建物が良いのは勿論ですが、D’S STYLEの魅力はスタッフの皆さんだとつくづく思いました。家づくりで失敗しない事は、諦めない事と、携わって頂く方々との信頼関係だと思います。

最後に、これまで沢山なわがままや無茶な要望を聞いて下さり本当にありがとうございました。楽しかったです。これからもよろしくお願いします   To Be Continued….

IMG_4088

2014.4.3 I様夫婦

写真(5)

閉じる
  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森岩手宮城
    秋田山形福島
  • 甲信越エリア
    新潟長野|山梨
  • 関東エリア
    東京|神奈川|埼玉
    千葉|茨城|栃木|群馬
  • 中部 / 東海エリア
    静岡|愛知|岐阜
    富山|石川|福井
  • 近畿エリア
    三重|滋賀|奈良|京都
    大阪|兵庫|和歌山
  • 中国エリア
    鳥取島根岡山
    広島山口
  • 四国エリア
    徳島|香川
    愛媛|高知
  • 九州エリア
    福岡|佐賀長崎
    熊本|大分宮崎
    鹿児島