なぜだか常に探究心が
湧いてくるような家なんです。vol.2

DATA:2016年9月完成 兵庫県川西市 H様邸 BASIC (3.0x5.0 PLAN+離れ)

その後の暮らし(後編)

仕事の傍ら、ヒップホップDJとして活躍してきた夫。パタンナーとしてセンスを磨いてきた妻。 家を探し始めたころは、お腹の中にいた娘も今では、すっかり動き回るまでに成長。そんなHさんの暮らしぶりをお伺いしました。

お金をかけずに楽しむ。

:居心地のいいガレージができた影響か、妻まで工具の使い方を覚えてDIYやるようになったんです。引き渡しの際にもらっておいた建築時の廃材で、キッチンの棚、脱衣場の棚なども妻が一人でつくりました。
:もともとパタンナーをやっていたくらいですから、モノをつくるのは好きなんですよね。それに何よりこの家は、オシャレにするのが似合うんです。ついつい手を加えたくなるんですよね。クローゼットは、さすがに夫に手伝ってもらって一緒に考えました。
:ガス管をボルト留めして、廃材を棚板にしました。鉄と木を組み合わせた「インダストリアルテイスト」です。ショップのディスプレイみたいにしたかったんです。
:二人ともこだわりが強いので、お互いネットなどで写真を探して見せ合って、「こんなクローゼットにしたいね」と決めてから作り方を考えました。
:大がかりなのは、二人で一緒に作る…こういう二人での楽しみ方って、以前はできなかったんで、ちょっとうれしいんですよね…それにしても妻はここに暮らしてホントに女子力があがったように思いますよ。壁に飾るフォトフレームを自作したり…以前はもっと大ざっぱだったような気がします(笑)。
:だって以前は、築何十年というオシャレの似合わない社宅に住んでいたんですから(笑)。ここにきたら、やっぱりキレイにしておきたくなりますよ。
:だからといって全てにお金をかけることもできないので、実は100円ショップで買ってきたものをうまく流用してDIYすることが多いんです。
:そうなんです。あちこちの100円ショップを巡って、「これはあの場所で使えるかも…」と考えるのが楽しいんです。100円ショップばかりで揃えるとさすがに安っぽくなりますが、こだわりのモノの中にポイントで100円ショップのモノが混ざっていると、意外と馴染むものなんですよ(笑)。

ずっと若い気持ちのままでいられる家。

:引っ越してからは、月に2〜3回は友達を呼んで遊ぶようになりました。
:たしかに昔は「遊びに行く派」だったのが、今は「呼びたい派」です。ホームパーティーしようよ、って声をかけるようになりました。リビングが広いから2〜3家族が遊びに来ても全然狭いと思わないですしね。
:最近カラオケできるセットを買ったのでみんなが来たときに試してみたのですが、この家はびっくりするくらい音が漏れないんです。「さすがにここまで大音量を出すとご近所に迷惑かな…」というボリュームを出して外に行って確かめてみると全然聞こえてなかった(笑)。
:友達が来るとたいてい「窓がない!なのに明るい!」って驚きますね。この家は、日の採り入れ方がうまいですよね。
:寝室やクローゼットって、普通は天井にライトをつけるでしょ。でもウチは「十分明るいから」と何もつけていません。間接照明をつけるだけで十分明るいんです。日当たりのよさに加えて、無垢材の床になっているところもいいですよね。
:床暖房もないのに、ほんのりあったかいんです。それが気持ちよくて、新たに買ったスリッパを全然使わなくなりました。
:落ち着くときは、がっつりと落ち着けますし、いざ何かを作ろうとなれば、集中して作れる。つくづく引っ越してから、二人とも笑顔が増えたなあ、と思うんです。この家に住んでいたら、ずっと気持ちが若いまま、おじいちゃんになるまで楽しく過ごしていけそうだなと思うんです。家というハコに納まって、ただぼんやり過ごすばかりじゃなくて、いつも何かを考え、工夫して、受け身にならずに自分たちらしく生きていけそうだなって…。なぜだか、常に探究心が湧いてくるような家なんです。だからきっとボケることもないと思います(笑)。

これから建てる人へヒトコト

人生第二のスタートが始められる家。

普通の家ではなく、「人生の第二のスタートが本当に始められる家」だと思います。住んでいる自分たちはもちろん、遊びに来た人も笑顔になれる。たとえば「人見知り」だという友達の子どもがすごくいい笑顔で過ごしてくれていました。「他人の家では眠れない」といっていた友達も、ここに来たときは、昼までぐっすり眠っていました(笑)。本当にそういう力のある家だと思います。スイッチやコンセントの高さも、かっこよく暮らせるようによく考えられています。だから設計してくれる方の譲れないところは守りつつ、「これだけは」というこだわりは、妥協せずどんどん伝えてみて下さい。あと廃材は、必ずもらっておくといいですよ。何かとDIYするのに使えますし、無垢材だから見た目もいいんです。それに「せっかく廃材があるから自分たちで何か作ってみようか」という気にもなると思うんです。

閉じる
  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森岩手宮城
    秋田山形福島
  • 甲信越エリア
    新潟長野|山梨
  • 関東エリア
    東京|神奈川|埼玉
    千葉|茨城|栃木|群馬
  • 中部 / 東海エリア
    静岡|愛知|岐阜
    富山|石川|福井
  • 近畿エリア
    三重|滋賀|奈良|京都
    大阪|兵庫|和歌山
  • 中国エリア
    鳥取島根岡山
    広島|山口
  • 四国エリア
    徳島|香川
    愛媛|高知
  • 九州エリア
    福岡|佐賀長崎
    熊本|大分宮崎
    鹿児島