実はこの家はカーテンが
1つもないんです。vol.2

DATA:2019年12月完成 大阪府高槻市 M様邸 BASIC/Funp (2.0×6.0 アレンジPLAN)

その後の暮らし(後編)

アパレル業界で働く夫と事務職として働く妻。転勤が多く持ち家を手に入れるつもりはなかったという夫が、もし引っ越す日が来ても 資産価値がある家なら…と検討し始めてD’S STYLEに出会った。そんな夫婦と1匹の穏やかな暮らしぶりをお伺いしてきました。

あえてウォークインクローゼットを作る。

:注文した点といえば、せっかくD’S.STYLEで建てるんだから、狭くても小さなウッドデッキはつけたいなと思いまして…そこに大きな窓もつけてもらいました。
:もともと吹き抜けの窓もあったんですが、さらに外光が入ってくるようになりました。日当たりがよくて犬もお気に入りの場所になりましたね。
:それでも、もっとあってもいいかな?と思うくらい明るいのが好きなんです。お風呂の扉もガラスにしてもらったぐらいですから。
:ちょうど、キッチンに立つと階段越しに吹き抜けの窓が位置しているんですが、そこからも空が見えて気持ちいいんですよね。
:あの吹き抜けにある窓は、夜は夜で暗くなるといい雰囲気になるんです。なだらかに傾斜した街並みがキレイに見えるのが、何ともいえずキレイで。
:特に2階から眺めるといい感じなんですよ。窓の向こうのベランダが、フワッと浮いたようなちょっと不思議な空間に思えて。
:あそこはお気に入りの場所ですね。実はお気づきだったかもしれませんが、この家はカーテンが1つもないんです。窓の採り方も絶妙で外からの視線が気にならないつくりになっているんです。
:そうなんですよね。まだ冬に入居したばかりで夏を迎えていないですが、今のところ見た目にもスッキリしていて、できたらそのままで行きたいなと思います。
:土地が細長いのであとは土間を削って居住スペースの方を広くしてもらっています。小さいながら土間の雰囲気はありますし、いい感じに収まったな、と思います。
:あとは2階にはウォークインクローゼットを作ってもらいました。みなさんがよく収納スペースとして工夫されている場所なんですが、ウチは夫の仕事柄スーツが異常に多いんです。
:確かに(笑)。スーツを扱う仕事だけに、こだわりもありますから妻の服の3倍くらいは量があります。だからあらかじめ、ウォークインクローゼットとして仕切ってもらい扉もつけてもらうことにしました。見せる収納でカッコよくできることもわかるんですが、常にセンス良く生活できるわけでもないですから。
:物の数は元々そんなに多くないんです。でも、ここに引っ越す前にも服なども随分減らしましたよ。
:どうしても、もう着ない服なのにいつまでも持っていたりとかしてしまうんですよね…妻は元々物の数が少ないんですけどね。
:そうですね。私の場合、掃除すると言ったらどんどん捨てていくタイプなんで(笑)。引っ越すに当たって本も随分減らしました。ミニマムな生活をしていくいい機会になったと思います。

D’S STYLEの家と犬との温かい新生活。

:住んでみて不便なこと…全くないですね…。
:居心地がよくて満足しているんで、強いて言うなら、洗濯して2階に干しに行くのがちょっと面倒かな…っていっても普通の家でもあることでしょうし…。
:仕事から帰って来たら、ホッとするんですよね。安心感があるんです。木の匂いがするのが、またいいんですよね。
:犬も過ごしやすそうですね。フローリングだと犬って滑ってしまって走りにくいんですけど、無垢材は犬も走りやすそうにしています。「犬も飼いやすい家」って言えると思いますね。
:実はね、土地を見つけて手付金まで払ったのにキャンセルになった時期に妻が長年飼っていた犬が老衰で亡くなったんです。タダでさえ、悲しいタイミングで決まっていた土地までキャンセルになって…すっかり妻は元気を無くしてしまったんです。
:本当にショックでしたね。20年ほど一緒に過ごしてきた犬だったんです。犬のいない生活が考えられなくて、ペットショップに見に行っていたこともあるんです。可愛い子がいたんですけど…
:タイミング的に難しかったんでその時は、そのまま帰ることになったんですけど、その後、キャンセルでご迷惑をかけたからと土地の売主さんがキャンセル料を下さることになったんです。
:手付金が戻ってくるだけと思っていたから驚きました。
:本来ないはずのお金が入ったのだからと、僕から言い出したんです。「ペットショップでみたあの子を迎えにいこうよ」って。
:可愛いからもう居なくなったかも…と行ってみると…いたんです!それでスグに連れて帰ったのがこの子なんです。
:ホントに先代のチワワがさみしがる妻を想って、巡り合わせてくれたみたいなタイミングでしたね。こうして無事に家も建って、帰ると気持ちいい空間に元気を取り戻して笑ってくれる妻と元気にはしゃぐ可愛いチワワがいる。ホントに温かい新生活を手に入れられたと思いますね。

これから建てる人へヒトコト

土地探しはバスを使う立地も よく見てみるのがオススメです。

土地探しは、根気が必要です。僕たちも自分たちでも土地を探し、ネットで物件を見ては二人で夜な夜な視察しに行ってました。気に入った場所があれば、周囲の状況を含めて夜と日中、両方の様子を見ておく方がいいと思います。夜だけではわからないところってあるものですから。バスを使う立地もよく見てみるのがオススメです。バスの本数や駅までの距離などを調べてみると、意外と便利で穴場になっているところがありますよ。

OWNER PICKSに続く…