南向きにこだわる必要もなかったんです。vol.1

DATA:2018年4月完成 大阪府大阪狭山市 F様邸 BASIC/FUNP (3.0x5.0PLAN+離れ)

その後の暮らし(前編)

D’S STYLEがFunpをデビューさせてスグのタイミングで購入を決めた共働き夫妻。家族も増え、賃貸マンションが手狭になり、将来は妻の母とも同居することを念頭において家探しをはじめたのだとか。そんな4人家族のその後の暮らしをお伺いしてきました。

迷いどころをFunpが解決してくれた。

:もとは分譲の物件を賃貸にしたタイプのマンションに住んでいました。子どもが二人生まれたとはいえ、2LDKでしたから無理ではないけれど、やっぱり手狭にはなってきていたんです。
:ちょうど職場から家賃補助がでる期間も終わる頃でして…
:そうそう、また消費税の増税とかの話も出ていたので、いろいろ考えたらそろそろ家を買おうか…という話になっていったんです。私の母が一人暮らしをしているので、今すぐではないけれど、ゆくゆくは同居することも考えてやっぱり一軒家がよかったんですよね。
:ローンを払うなら、一軒家のほうがいいなとも思いますし。
:そんなわけで住宅展示場を回るところからはじめました。そしたらもうガツガツした営業の方に圧倒されちゃいまして(笑)。
:オプションをつけますとか、期間中に契約すると…とか、ああいうのは苦手なんですよ。もうどういう家がいいか、じっくり考える暇がもらえないみたいで。
:そこで作戦を変えて、ネットであちこちからパンフレットを山ほど取り寄せて、「これは好き」「これは嫌い」とか私が選りすぐってから、夫に見せるようにしていきました。
:そうやって、最後の方になって出てきたのがD’S STYLEでしたね。

:無印良品とか、無垢材でステップフロアの家を作っているところなんかも候補に残っていましたね。それでもモデルハウスに見学に行ったときに、二人とも「あ!」ってなったんです。
:僕自身は吹き抜けがあって家族の声がどこからでも聞こえるような家がいいなあ、と思っていましたから「こういう家もあるんだ!」って衝撃的でしたね。
:そこで出会ったスタッフ、これも衝撃でした(笑)。だって他の会社の営業さんと全然違ったんです。全然営業してこないので、はじめはモデルハウスの事務スタッフさんかと思っていましたもん。でもこちらが質問したことには、真剣に応えてくれる。他社のことを悪く言ったりもしませんでした。「ウチの家はこんな感じですから、よかったらどうぞ」という感じで、シンプルに接して放置してくれる感じだったんです。
:雑談するなかで家族構成や趣味とか子どもの年齢を聞かれたくらいでしたね。
:その後も他の住宅会社からはバンバン電話してくる中で、D’S STYLEは追いかけてくることもありませんでした。他のメーカーさんに行っても結局吹き抜けだったり、造りだったり、無意識にD’S STYLEと似せた間取りのものを求めるようになった自分たちに気づいたんです。だったら、やっぱりD’S STYLEがいいよね、ってことで次はオフィスに行って詳しく話を聞いてみることにしました。
:あまりにガツガツしてこないので、「本当に家を売っているのかな?建ててくれるのかな?」とちょっと不安になったくらいです。それでも、わからないことがあれば、すぐに確認して返事を くれるし、こちらが何を知りたいのか、ちゃんと考えて答えてくれるのもわかりました。
:もともと、ゆくゆくはウチの母と同居して二世帯で住みたいな…というのは考えていたので、ネックはその部分でした。子どももおにいちゃんと妹という男女だから、部屋はわけてあげたいし、D’S.STYLEの雰囲気は好きでもやっぱり壁がないと…と躊躇していたら、「実は壁や間仕切りがつくれるFunpというのが新しいブランドがデビューするんです」と教えてもらえたんです。
:まだFunpも細かいことが決まりきってない段階だったよね。
:そうそう。でも「新しいブランドというのもおもしろそう!」って思ったんです。そのときはもう私たちとしてもD’S STYLEの良さに惚れ込んでいましたし、好きな間取りで建てられる上に、漆喰や無垢材はD’S.STYLEと同様、断熱などもしっかりとしたものを使うと聞いて、もうやめる理由がないなぁって思ったんです。

後編に続く・・・

閉じる
NEWS
閉じる
  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森岩手宮城
    秋田山形福島
  • 甲信越エリア
    新潟長野|山梨
  • 関東エリア
    東京|神奈川|埼玉
    千葉|茨城|栃木|群馬
  • 中部 / 東海エリア
    静岡|愛知|岐阜
    富山|石川|福井
  • 近畿エリア
    三重滋賀|奈良|京都
    大阪|兵庫|和歌山
  • 中国エリア
    鳥取島根岡山
    広島|山口
  • 四国エリア
    徳島香川
    愛媛|高知
  • 九州エリア
    福岡|佐賀長崎
    熊本|大分宮崎
    鹿児島